ノーローン

消費者金融のノーローンというと一週間無利息ということで有名で利用している方も多いかと思います。

ノーローンは一週間無利息ということで有名

消費者金融のノーローンというと一週間無利息ということで有名で利用している方も多いかと思います。

ノーローンというと「大車輪」という利息を圧縮するために利用テクニックが有名です。

大車輪というのは何かということになりますが、このノーローンという消費者金融では借入をしてから一週間は利息がつかないという特約があります。

つまりは一週間以内に返済をすれば利息ゼロで借入ができるということになります。

大車輪はこれを利用した方法で、まずある金融機関から借金をして、それをその日のうちにノーローンで借り換えを行います。

その後無利息である一週間はそのままにしておき、一週間が経過して無利息期間が終わったら再度最初の金融機関から借入をしてノーローンに返済をします。

そして一日を置いて再度借入したお金をノーローンで借り換えを行う。

これを繰り返すことによって、1日分の利息だけで一週間借りることができるという方法です。

この方法によって利息を大幅に減らすことができるというテクニックなわけですが、現在はこの方法は利用できなくなっています。

ノーローンでは以前は一週間の無利息期間の後一日経てばまた次の借入で一週間の無利息期間が適用されていましたが、現在では次の無利息期間が適用されるのは翌月からというように変更されています。

ノーローンのメンテナンス時間

消費者金融のキャッシングやカードローンというのは急な出費やどうしても現金が必要だという時に便利に利用することができます。

中には本当にまさに今すぐお金を用意しなければいけない、一刻を争うという時もあるかもしれませんね。

消費者金融によっては24時間365日利用可能なところと、そうでないところがありますし、同じ消費者金融でも利用方法によっては24時間利用可能としつつも、実はメンテナンス時間があって、毎日数分間は利用できないという時間があるものです。

例えば大手の消費者金融であるノーローンの場合、借入の方法としてインターネットで手続きをして指定した口座に振込をしてもらうというものがあります。

ノーローンのホームページなどを見ると24時間融資が可能と書かれていますが楽天銀行を利用してのリアルタイム融資でも23:55〜0:15までというのはメンテナンス時間となっていて利用することができません。

また返済の場合においても同様で、23:55〜0:15の間はノーローンのメンテナンス時間となるため利用できません。

他にはコンビニやショッピングセンターのATM、提携先金融機のATMなどでの返済が可能ですが、この場合は提携先の金融機関の営業時間やメンテナンス時間に左右されますね。

ノーローンの提携ATM

ノーローンでキャッシングを利用する際にはいくつかの利用方法があります。

インターネットや電話から振込を依頼するという方法が便利ではありますが、街中で急に現金が必要になるということもあるでしょう。

そういった場合は提携ATMを利用するというのが便利になります。

ノーローンの提携ATMはいろいろとありそれぞれに利用可能な時間が違います。

まずはノーローンの親会社である新生銀行のATMの場合0:10〜23:50でほぼ24時間利用が可能です。

同じ新生銀行のカードローンであるレイクのATMを利用することもできこの場合は7:30〜23:30の利用時間となります。

これらの店舗というのはなかなか身近にないという方でも、コンビニエンスストアやショッピングセンターに設置された提携ATMなら非常に便利ですね。

最も便利なのがセブンイレブンに設置されたセブン銀行のATMで、0:10〜23:50の取り扱いとなります。

他にもローソンATMやファミリーマートやミニストップ、サンクスのイーネットATM、サークルK、サンクスに設置されているゼロバンクATM、そしてショッピングセンターのイオンに設置されているイオン銀行ATMなどが提携ATMとして利用できます。

ノーローンの審査に通らない場合はこちらの審査の甘いカードローンを参考に利用するカードローンのサービスを選択するといいでしょう。


Copyright(C) 2012 ノーローンは一週間無利息ということで有名 All Rights Reserved.